受験コラム

同志社と立教W合格どっちに進学するのがいい?

関関同立の中で最も難しい西の雄同志社大学とMARCH上位の立教大学。

関東や関西の受験生でこの2大学を併願する受験生は正直少ないと思いますが、
名古屋を始めとする東海地区や九州の受験生は同志社と立教を併願する受験生は意外にいます。

いったいどちらに進学するのがおすすめなのでしょうか?

同志社と立教W合格の場合どちらに進学するのがいいか?

まず、同志社と立教偏差値で見ると、近年は学部にもよるけどほぼ互角。

  • 同志社=立教

有名企業就職率で見ると、

  • 同志社(約30%)>立教(約26%)

とやや同志社の方に軍配が上がります。

全体的に関関同立の偏差値がMARCHよりやや下にはなっており、
予備校によっては同志社よりも立教の方が偏差値が高くなっている場合もあります。

とは言え、関関同立の中でも同志社が抜けているし、同志社は日本史の教科書にも載っているぐらいなので、知名度も抜群です。

そういう意味で関西や西日本地域在住の場合、よほど東京に行きたいとかの事情がない限り
同志社を選択してまず間違いないと思います。

これが東京など関東在住の場合は立教を選択するのが一般的だと思います。

微妙なのが名古屋を始めとする東海エリアや福井・石川など北陸在住や広島・岡山などの中国・四国エリア、福岡・熊本など九州在住の場合、こちらも一般的には距離的にも
近い同志社を選択するケースが多いようです。

立教に限らず、MARCHと同志社W合格の場合同志社を選んでいいんじゃないかと。

大手有名企業就職率では、MARCH、関関同立の中で同志社がここ数年最も高いから。

明治だけ今かなり難易度が上がってきているので、どちらを選択してもいいかな?
と個人的に思います。

同志社と立教W合格どっちに進学するのがいい?まとめ

  1. 関東地区の受験生は立教、関西地区の受験生は同志社で問題ない
  2. それ以外の地域の人は距離的に近い方を選ぶと良い
  3. ただし、MARCH・関関同立の中では有名企業就職率で同志社がトップ

まとめると、このようになりました。

特に関西や東海エリア在住の場合同志社を選択するのが個人的にはおすすめです。

受験生のあなたはぜひ参考にしてください。