関大

関西大(関大)現役・浪人比率一覧2021

関西大(関大)現役・浪人比率一覧2021

※文系

  • 法学部
  • 現役80.2% 浪人19.8%
  • 経済学部
  • 現役79.2% 浪人21.8%
  • 商学部
  • 現役87.7% 浪人12.3%
  • 社会学部
  • 現役85.5% 浪人14.5%
  • 文学部
  • 現役85% 浪人15%
  • 政策学部
  • 現役84% 浪人16%
  • 外国語学部
  • 現役83.9% 浪人16.1%
  • 人間健康学部
  • 現役76.7% 浪人23.3%
  • 総合情報学部
  • 現役75.3% 浪人24.7%

※理系

  • システム理工学部
  • 現役60.6% 浪人39.4%
  • 環境都市工学部
  • 現役59.3% 浪人40.7%
  • 化学生命工学部
  • 現役60% 浪人40%
  • 社会安全学部
  • 現役76% 浪人24%

総評

上記数字は一般入試合格者の数字で内部進学、指定校推薦、推薦、AOなどを加味すると
上記数字より1割~1割5分現役率は上がる。

関大はおよそ文系学部で8割が現役、理系学部で7割が現役入学している。

関関同立では同志社・立命に次いで3番目に浪人率が高い。